土屋グループ ホーム » ごあいさつ:企業情報

企業情報

: ごあいさつ

創業者会長 土屋 公三
株式会社土屋ホールディングス
創業者会長 土屋 公三

1969年6月12日に土屋グループを創業し、多くの方々のお力添えを頂戴し、創業から四十数年、今日に至っております。1976年には、土屋ホームとして住宅産業に参入し、皆様のご支持のおかげをもちまして、1996年に北海道の住宅不動産会社として、初の東京証券取引所第二部に上場することができました。

2008年、我が土屋グループは、激変する経済・経営環境を受け、土屋ホールディングスを中心とする持株会社体制へ企業再編を行いました。
この再編により、経営と事業を明確に分離し、経営資源(人、物、金、情報)の集中と再配分が容易にできる体制を整えました。

今後は、よりお客様に身近な土屋グループを目指し、グループ一丸となり臨んでいく所存でございます。

今後ともより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


代表取締役社長 土屋 昌三
株式会社土屋ホールディングス
代表取締役社長 土屋 昌三

私ども土屋グループは、2008年に土屋ホールディングスを持株会社とした、新たな総合住環境企業グループとしてスタートいたしました。激変する経済・経営環境の中、近年は、経営のスリム化にも着手し、組織力や運営基盤を強化いたしました。

今日まで多くの方々のご支援、ご協力により、お陰様で幅広い住宅ニーズにお応えする体制を構築し、お客様の信頼を得ることができました。心より御礼申し上げます。

これからも「住宅を通して地域社会を豊かにしていく」という企業使命感をもとに、より一層皆様のご期待に沿えます様グループ一丸となり臨んでいく所存でございます。

今後とも、皆様方のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


企業使命感

土屋グループは、住宅産業を通じてお客様・社会・会社の「三つの人の公」のために物質的・精神的・健康的な「豊かさの人生を創造する」ことを企業使命感としております。 シンボルマークはその「三つの人」と「公」を象徴し、シンボルカラーの「紅」は、積極果敢な行動力と情熱を現しております。

このページのTOPへ