土屋ホールディングス : グループニュース : これまでもエコ・これからもエコ 土屋グループ

土屋グループ ホーム » グループニュース » 土屋ホールディングス » 11月1日より「土屋ホールディングス」が誕生いたしました

グループニュース

  • グループニュースTOP
  • 土屋ホールディングスのニュース一覧
  • 土屋ホームのニュース一覧
  • 土屋ホームトピアのニュース一覧
  • 土屋ホーム不動産のニュース一覧

: 11月1日より「土屋ホールディングス」が誕生いたしました

2008年11月1日

「土屋ホールディングス」誕生持株会社体制で"第二の創業"

お客様との、より高い信頼関係を築くために。

すでにご承知のお客様もおられるでしょうが、土屋グループはこの11月から、よりきめ細かなお客様サービスで企業としての社会的責任を果たしていくため、持株会社体制へと移行することになりました。
持株会社とは、株を保有する複数の企業を傘下に置き、それらの企業を統括する会社のことです。持株会社自体は事業を行わず、事業会社の経営に目を配りながらグループ全体に相乗効果をもたらすことを目的としています。
新しく発足する持株会社の名称は「株式会社土屋ホールディングス」(代表取締役社長・土屋昌三)。その傘下に入るのが「土屋ホーム」「土屋ツーバイホーム」「ホームトピア」「土屋ホーム東北」そして「アーキテクノ」の五つの事業会社です。
五社がそれぞれの独自性を保ちながら事業を行っていきますので、お客様への対応に従来と変わるところはありません。しかしこれまで、個々の会社ではなかなか目の届きにくかった法令遵守の意識や危機管理といった部分にまで、土屋ホールディングスが監督、アドバイスを行っていきますので、より信頼度の高いお客様との関係を築いていくことが出来ます。
幸い土屋ホームでは外断熱工法が全国的にご支持をいただいているところであり、土屋ツーバイホームはネットゼロエネルギー住宅への取り組みが大きな注目を集めております。また、ホームトピアの外断熱工法によるリフォームも特許を取得。アーキテクノの直接施工体制も高い評価を頂戴しております。
こうしたグループ会社の総合力を終結して、省エネ、少子高齢化など多様化するお客様のニーズに的確にお応えしていくことが、土屋グループの"第二の創業"とも言える新たな出発です。今後とも皆様のご支援をよろしくお願い申し上げる次第です。

なお土屋ホールディングス発足後のグループ系統図と代表者は別図のとおりです。


  • グループニュースTOP
  • 土屋ホールディングスのニュース一覧
  • 土屋ホームのニュース一覧
  • 土屋ホームトピアのニュース一覧
  • 土屋ホーム不動産のニュース一覧

このページのTOPへ