スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2010年01月13日 (水) 08:53

葛西大倉山で145m!

1月11日。HBCカップジャンプ競技会。国内戦唯一のノックアウト方式での戦い、優勝賞金100万円をかけての勝負が繰り広げられました。

予選ラウンド。
上位16名が決勝トーナメントへ進みます。チーム土屋のトップバッターは、吉岡和也。

0117.jpg
126mのジャンプで、予選8位。決勝トーナメントへ。

そして、葛西紀明の登場。絶好調なだけにどこまで飛距離を伸ばすか。

0147.jpg
高く飛び出す葛西。

top_image_up_.jpg
ヒルサイズ134mを超えてもまだ落ちない。145mのバッケンレコードタイをマーク!予選トップ通過です。

決勝トーナメント。

0188.jpg
決勝トーナメントへ向かう葛西監督。

葛西監督のビックジャンプを受けて、かなり低く設定されたゲート。各選手達は、90mオーバーがやっとの飛距離に。
そして、準々決勝D1組。遠藤晃太選手(アインズ/予選9位)VS吉岡和也(予選8位)。
0206.jpg
遠藤46.2ポイント、和也64.4ポイントで和也の勝利。

続いて、渡瀬雄太選手(雪印/予選16位)VS葛西紀明(予選1位)

 

0216.jpg
渡瀬45.2ポイント、葛西108.9ポイントで葛西監督の勝利!次の相手は、なんと和也。土屋ホーム同士の対決に。

 

0023.jpg
和也も健闘の107m(83.1ポイント)。葛西監督は、134m(135.7ポイント)で葛西監督の勝利。和也を抱きしめて健闘とたたえる。

決勝戦は、五輪代表候補が揃い、竹内択選手(北野建設)・伊東大貴選手・岡部孝信選手(ともに雪印)と葛西監督の4名で争われます。

0225.jpg
ジャンプ台の上で、決勝戦4名のインタビューが行われる。

1人目、竹内選手が101.5m(75.2p)。続く、伊東大貴選手が、122m(115.6p)で暫定トップに。岡部選手は、111.5m(91.2p)最後は葛西監督。

飛距離を伸ばすも、119m(111.2p)でわずかに伊東選手に及ばず準優勝。

0230.jpg

 

0257.jpg

 

 

0088.jpg
最終結果は、1位伊東選手(64番)、2位葛西監督(61番)、3位岡部選手(57番)4位に竹内選手(60番)となりました。

HBCカップリザルト

土屋ホームスキー部オフィシャルWEBサイトへ 

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。