スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2011年02月15日 (火) 09:49

あきた鹿角国体2011 コンバインド競技

高橋大斗、あきた鹿角国体2011 複合で優勝!!!(成年男子B)

 

20110214_0184.JPG
前半ジャンプ1位の飛型。後半に期待大!

 

前半のジャンプは危なげない飛躍で78.5mをたたき出し、トップで折り返し。
地元秋田の観客、応援団の期待も一気に高まった。

会場内は「勝って当たり前」という空気も漂い、相当のプレッシャーが、大斗はじめ、秋田県代表の選手にはかかっているようだ。これも地元開催の宿命だろう。

3時間ほどのインターバルのあと、13時30分、いよいよ後半のクロスカントリー。

前半ジャンプで1位の大斗は、もちろん、トップでスタート。

スタートしてすぐに登り坂という、いかにもキツそうなコース設定。全長5kmを2周するのだが、はたして大斗はトップを守り切れるか?

 

 

20110214_0350.JPG
2周目、登りを疾走する大斗

 

 

そんな心配をよそに、大斗は終始クールなレース展開を見せる。心なしか、いつもより余裕の表情にも見えた。

 

期待を胸にゴール地点へ移動し、大斗を待つ。

「一番最初にラストコーナーを抜けてくるのは?」

信じてはいるが、やはり心配してしまう。

 

トップの選手がラストコーナーに近付いたのが観客の歓声でわかった。はたして・・・・

 

コーナーを抜けてその勇姿を現したのは、高橋大斗!!スタートからトップを守り切った、ぶっちぎりの勝利。おめでとう大斗!!!

 

top_image_up_.jpg
ゴールの瞬間、うれしさから両手を大きく挙げた

 

ゴール後、大斗に祝福を言いたかったが、メディアの方々にあっという間に囲まれてしまい、機を逃してしまった。

それにしても、ここ、花輪スキー場での大斗の知名度は本当にすごい。大斗に限らず、秋田県のみなさんの、ウィンタースポーツに取り組む意識の高さを実感することができたこの国体取材だった。

 

 

 

コメント一覧

まだコメントがありません

  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。