スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2017年02月18日 (土) 18:12

2/18 札幌スキー連盟会長杯兼第28回TVh杯ジャンプ大会

2月18日札幌の大倉山で行われた「札幌スキー連盟会長杯兼第28回TVh杯ジャンプ大会」には土屋ホームから小林陵侑選手と伊藤将充選手が出場し、将充選手が国体に続けてラージヒルでも2位表彰台を獲得した。小林選手は昨夜平昌のワールドカップから戻ったばかりでの出場で、同じく平昌から帰ってきた葛西監督は風邪気味ということもあり、この試合は欠場して大事をとった。
昨夜の荒天も収まり早朝青空が広がった札幌だったが、風が不安定で時折強くなるタフなコンディション。試合も中断しながらの進行となった。
将充選手は1本目125.0mを飛び3位で折り返し、2本目には130.5mの大ジャンプでトータル243.6ポイントとし、前半からひとつ順位を上げた。小林選手の1本目は好ジャンプではあったが風に恵まれなかったようで111.0m14位で折り返し、2本目には126.5mを飛んでトータル206.2ポイントで順位を5つ上げて9位で試合を終えた。
この大会ではスキーを以前使っていたやわらかいタイプで臨んだ小林選手は世界選手権に向けて良い感触を掴めたようだった。

20170218_0438

 

 

 

みなさんいつも応援ありがとうございます!
今日の札幌はとても寒かったですね。会場で応援された方、関係者の皆さん、風を引かないようにご自愛ください。
白馬の国体では惜しくも2位だった将充選手。大倉山でその悔しさを晴らしたいところでしたが、逆転ならず。それでも、どちらかといえばノーマルヒルが得意な将充選手にとって今日の2位表彰台は自信につながることでしょう。一方好調だった昨シーズンと比べて苦戦している小林選手も今日の試合で履いたスキーに好感触を得たようです。

来週はいよいよフィンランドのラハティで世界選手権、そして札幌では冬季アジア大会が始まります。前者には葛西監督、伊藤有希選手、小林陵侑選手の3名が、後者には伊藤将充選手がそれぞれ日本代表として出場致します。

みなさんのあたたかいご声援をこれからもよろしくお願い致します!!!

コメント一覧

  • 竹中正宏
    2017年2月18日 11:54 PM

    伊藤選手おめでとう!
    流石に、ダイキ選手142mは別格ですが2位おめでとうございます。
    アジア大会でのビックジャンプ期待してます。

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。