スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2010年08月02日 (月) 11:44

雨の札幌市長杯(市長杯大倉山)

札幌市長杯2連戦の2戦目、舞台を大倉山ジャンプ台に移しての試合。せっかくの日曜日なのに天気はあいにくの雨。ジャンプ台を覆う霧が晴れるの待ちながら、12時にようやく試合スタートです。

0013.jpg
霧の中を選手が次々と飛び出して行く。まだ昼なのに夕方の様なこの暗さ。

0014.jpg
宮の森では、失敗してしまった大斗ですが、113mで9位。

0016.jpg
本人は「失敗ジャンプ」といいながらも、115mで1stラウンド7位の好位置につけた和也。

強かったのが、宮の森で3位の竹内択選手(北野建設)。129.5mのビックフライトで後続にプレッシャーを与えます。続く湯本史寿選手(東京美装)が、127.5mで2位に。

top_image_up_.jpg
葛西監督は、122.5mを飛び4位で前半を折り返す。

ファイナルラウンド。雨が依然降り続ける中での試合。女子組では、高梨沙羅選手(上川中)が2連勝を決める中、選手達は続々とジャンプ台へ向かって行きます。

 

0126.jpg
「ネバーギブアップ(優勝は諦めてないぞ)」とトピコーチ。

 

0128.jpg 
0132.jpg
大斗&和也もジャンプ台へ。

0138.jpg
続いて葛西監督も笑顔でジャンプ台へ向かいます。

前半9位の大斗は、100mのジャンプで順位を下げて14位。7位折り返しの和也は、117mでこの時点でトップに立ちます。続く選手は、飛距離が伸びずに和也の6位入賞が確定。

そして、葛西監督。

 

0143.jpg
「頑張れ!葛西!」

葛西監督のジャンプは、113.5mで逆転とはいかずに5位。

 

0169.jpg
ファンの声援に笑顔で応える、葛西監督。

試合は、竹内選手が2本目もトップのジャンプで優勝。2位に伊東大貴選手、3位に湯本選手でした。土屋勢は、5位に葛西、6位吉岡、14位高橋という結果です。

葛西監督と高橋大斗は、4日からサマーグランプリへ出場の為、海外へ出発します。皆さん応援よろしくお願いします!

札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会リザルト

土屋ホームスキー部オフィシャルWEBサイトへ  

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。