PCサイトへ

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

2019年02月18日

2/16 FISスキージャンプW杯個人第21戦 ビリンゲン大会(ドイツ)

2月16日ドイツのビリンゲンで行われた「FISスキージャンプワールドカップ個人第21戦」で小林陵侑選手が3位に入り、日本人最多の1シーズン15回の表彰台記録に並んだ。1本目144.5m2位で折り返した小林陵侑選手、2本目143.0mトータル304ポイントで前半3位だったカミル・ストッホ選手(ポーランド)に逆転を許してしまった。それでも、今季15回目となる表彰台は日本人最多タイ記録。好調であることに変わりはない。葛西監督は1本目122.5mで40位。上位30人が進出する後半には進むことが出来なかった。

 

 

FISリザルトはこちら

 

コメント一覧

まだコメントがありません

 

チーム土屋 応援BBS!

応援メッセージなどございましたら、こちらにお寄せください。
また、ファンの方同士の交流にもお使いいただければと思っております。

TEAM TSUCHIYA

ホームページ内で使用している文章、画像、
写真の無断使用、二次利用を禁じます。