スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2012年02月05日 (日) 15:34

第90回全日本スキー選手権大会兼第53回NHK杯ジャンプ大会ラージヒル競技

吉岡和也逆転優勝!!!です。我らが和也がやってくれました!1本目2位からの逆転優勝。しかも今大会での優勝は3度目(NHK杯では4度目)。最長不倒こそわずか50cm差で逃したものの、唯一130mオーバーを2本揃えての快勝!

 
20120205kazuyaprize.jpg
やっぱり表彰台の真ん中がとっても似合う和也ですね
 
本目の飛躍は飛び出し直後に体が揺れ、一瞬ヒヤッとさせられたものの、そこはベテランの和也、空中で姿勢を立て直し136.5m139.2ポイントのビッグジャンプ。
 
20120205kazuya.jpg
1本目136.5mを飛んだ吉岡選手の飛躍
 
このラウンド137m140.6ポイントでトップに立った船木選手にわずかに及ばず1.4ポイント差で2位につけた吉岡選手。後半に向けチーム土屋スタッフはどうしても期待が高まるところであるが、プレッシャーをかけてしまってはいけないのでそっと見守りながら2本目へ。
 
 
本目では直前に飛んだ湯本選手が127.0m(1本目135.5m)を飛び、トータル262.5ポイントをたたき出してプレッシャーをかける。そして吉岡選手の飛躍。130mメートルのコールの後、電光掲示板のポイント表示を待つ。「272.2ポイント」電光掲示板のてっぺんに吉岡選手のビブナンバー95が。トップだ!
 
20120205kazuya2.jpg
2本目ただ一人130mを飛んだ吉岡選手のランディング
 
すは前半トップの船木選手のみ。
そして船木選手の2本目がスタート。飛び出しから安定した姿勢でどんどん距離を伸ばし、K点を大きく超えた。果たして結果は!?
 
場内に127.5mのコール。チーム土屋スタッフの眼は電光掲示板に釘付け。
ポイントを表示した電光掲示板の順位が入れ替わる。どうだ!? 表示されたポイントは269.1。吉岡選手のビブナンバー95はてっぺんから動かず!!!
 
「優勝だーーーっ」
 
本当にうれしそうな和也。私たちスタッフも応援していてよかったな、と。
優勝インタビューの後、彼とガッチリ握手を交わしたらなんだか少し目頭が熱くなりました。本当にありがとう!吉岡選手。
 
20120205naka_2.jpg
中西トレーナーも和也の優勝を受けとっても嬉しそう
 
今月はこの後もノーマルヒルに国体、宮様と大会があります。皆様ご声援のほどよろしくお願い致します。

 

コメント一覧

まだコメントがありません

  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。