スマートフォンサイトはこちら

チーム土屋からのお知らせ

2017年08月04日 (金) 19:52

8/4 第35回札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会

8月4日札幌宮の森ジャンプ競技場で行われた「第35回札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会」の男子組で葛西紀明監督と小林陵侑選手がワンツーフィニッシュ。女子組では伊藤有希選手が逆転で優勝し、監督とのアベック優勝を飾った。

晴天に恵まれたものの不安定な風の中、まず女子組から競技スタート。1本目9番という低いゲート設定にも関わらず、97mの大ジャンプにテレマークも入った好調伊藤有希選手は飛び終えた時点で1位。次に飛んだ高梨選手が104mの飛距離でバッケンレコードを出し、有希選手を引き離した。1本目よりさらに2段下がったゲートで飛距離が伸び悩む中2本目もK点越えの93.5mを飛んだ伊藤有希選手はトータル249.0ポイント。2本目89.5mトータル248.0ポイントの高梨選手を1ポイント上回り、逆転優勝することができた。

男子組の1本目、伊藤将充選手は1本目88.5m2本目84.5mトータル208ポイントで9位。小林陵侑選手は1本目95.5mを飛んで2位折り返し、葛西監督は98.0mの最長不倒1位で折り返した。

2本目、すでに女子の優勝を伊藤有希選手が決めている中、アベック優勝目指して、まず小林選手が87.0mの飛躍。1本目から飛距離をだいぶ落としてしまったが、トータル230.5ポイントで飛び終えた時点で首位。そしてラストジャンパー葛西紀明監督の2本目は91.5mのK点オーバーでトータル247.0ポイント文句なしの優勝。この瞬間、チーム土屋のアベック優勝&男子組ワンツーフィニッシュが決まった。
 

 

コメント一覧

  • 竹中正宏
    2017年8月5日 12:16 PM

    チーム土屋ホーム皆さんおめでとうございます。
    先日の伊藤兄弟表彰台に続き、葛西監督、小林選手に1-2フィニッシュやった!
    皆さん好調で何よりです。
    あとは、土屋ホーム全員での表彰台を期待してます。
    オリンピックの日本代表を目指して頑張ってください。

  • 中川 雄樹
    2017年8月5日 10:13 PM

    土屋チーム万歳!

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル5F
土屋ホームスキー部事務局 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。