スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2013年02月17日 (日) 17:48

第68回国体冬季スキー競技会「あきた鹿角国体2013」スペシャルジャンプ

2月17日(日) 秋田県鹿角市で開催されている 「あきた鹿角国体2013 スペシャルジャンプ競技」、土屋ホームからは吉岡和也選手と高橋大斗選手がエントリー。会場の花輪ジャンプ台は多くの観客で賑わったものの、時折吹きつける風と雪に中断をはさみながらの進行となった。

20130217_0065.jpg
会場となった「花輪ジャンプ台」

国体のジャンプ競技は、年齢別にクラスを3つに分けて開催される。
少年、成年A、成年Bの3クラスだ。チーム土屋からエントリーした2人は揃って成年B。「どっちも頑張れー!」という矛盾を胸に抱えながら試合の進行を見守った。

ファーストラウンド、先に登場したのは成年B10番スタートの吉岡選手。飛距離78.0m 112.0ポイントで4位に着けた。

20130217_0037e.jpg
ファーストラウンドの吉岡選手

 

 

20130217_0055e.jpg
ファーストラウンドの高橋選手

19番スタートの高橋選手も78.0mと吉岡選手と同距離ながら、飛型点で勝り113ポイント 2位に着けて折り返し。トップの細山選手が122.8ポイントと他を引き離したが、2位から5位までが3.2ポイント差という混戦模様。果たして後半は…?

 

20130217_0063.jpg
ファーストラウンド終了時点の電光掲示板

比較的順調な展開のファーストラウンドを終えると、次第に雪と風が強くなり、ファイナルラウンドは、しばしば中断が入る展開へと変わっていった。

20130217_0096.jpg
ファイナルラウンド開始後数分で…

20130217_0097.jpg
こんなかんじに…

観戦しているみなさんも大変そうだったが、上に上がってしまった選手たちはもっと過酷だったに違いない。ほんと、寒そう…

中断をはさみながらも、少年の部を無事に終え成年Bが開始。吉岡選手、どこまで順位を上げられるか?と、期待しながら飛型を追っていると…70mを越え、K点オーバー間違いなしのジャンプだったはずが、急失速とともに空中で大きくバランスを崩した。

20130217_0114e.jpg
ファイナルラウンド 出だしはバッチリの吉岡選手だったが…

20130217_0115.jpg
後ろから突き落とされるような感じになり…

20130217_0117.jpg
なんとかランディングしたものの、スキーがクロスしている…

 

20130217_0120.jpg
堪え切れず転倒してしまった

 

 

非常に危ない体制で着地、転倒したものの、その後自分で歩いて戻ってきた。多少痛みはあるが大事には至っていないとのことで一安心。転倒が少ない印象の和也だが、転んでも大ケガにならないのが彼の強み。冷静さと天性の反応の良さか?とにかく大きなケガがなくてよかった。

 

 

結果、77.0mの飛距離となり、転倒もひびいて8位に順位を落としてしまった。しかし、ジャンプ自体は好調。今シーズン残りの試合に期待しよう。

 

 

そして、前半2位に着けた高橋選手のファイナルラウンドはいかに?

 

20130217_0153.jpg
ファイナルラウンドの高橋選手。K点を越えることはできず…

飛躍直後、「失敗です」と笑顔を見せながらも残念そうに話した高橋選手。
明日は複合競技が開催される同国体。地元秋田ということもあり、その活躍に期待したい。

 


20130217_0189.jpg
ファイナルラウンドの飛躍を終えた高橋選手

 

今週は悪天候が続いていて、応援の方々、大会役員のみなさん、本当にお疲れ様です。
それでは、明日もあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

 

 

鹿角国体2013 スペシャルジャンプリザルトはこちら 公式リザルトページ

 

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。