スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2010年10月18日 (月) 10:54

和也惜しくも4位(伊藤杯サマーファイナル)

伊藤杯サマーファイナル。札幌でのサマージャンプ最終戦、紅葉の大倉山ジャンプ競技場で開催されました。残念ながら、葛西監督の復帰はならずチーム土屋からは吉岡と高橋の2名が出場です。

0001.jpg
高橋大斗のトライアルラウンド。札幌はすっかり秋です。

11時に女子の1stラウンドがスタート。女子選手も人数が増えこの日は15名の選手達が出場です。

 

0006.jpg
2日前に海外遠征から帰国したばかりの大斗。
「まだ、時差ボケであまり調子が良くないです。」と少々弱気。

 

0007.jpg
サマーシーズン好調の和也。

男子組、最初のビックジャンプは長野市スキークラブの山田大起選手。向かい風も手伝って126.5m。調子が悪いと言っていた大斗も、K点に迫る118mでまずまずのジャンプ。

0002.jpg
1stラウンドを12位で折り返した大斗。

その後は、力のある選手達がK点オーバーを連発、そして和也の出番。

top_image_up_.jpg
グングンと飛距離を伸ばして、133.5m。しかし、テレマークを入れられず!惜しい!

続く、船木選手(フィットスキー)が140.5mでトップに立つも最後のジャンパー、伊東大貴選手(雪印)が139mで2位に2.8ポイント差をつけてトップへ。
1stラウンドを終えて、1位伊東選手、2位船木選手、3位栃本選手、4位湯本選手そして5位に和也と続きます。

ファイナルラウンド。女子組は、中学生の高梨沙羅選手が100mオーバーを2本揃えて優勝!
続いて男子組のファイナルラウンド。

 

0008.jpg
大斗は、115mで13位。

 

ラスト5名、和也の登場。

 

0009.jpg
K点の赤いラインを楽に越えていく和也。128.5mでトップへ。

続く、湯本選手には越えられるも栃本選手を抑えて4位。表彰台へあと1歩及びませんでした。
優勝は、伊東大貴選手でこの大会3連覇です。

試合後、ファンの皆さんと大抽選会。選手の愛用グッズを抽選でプレゼントします。

 

0010.jpg
この日、欠場の葛西監督もイベントに参加しました。

0011.jpg
当選者へプレゼントを渡す和也。

チームは、23日開催の白馬サマージャンプ大会へ出場します。
寒い中会場へお越しいただきましたファンの皆様応援ありがとうございました。

10/17 伊藤杯サマーファイナルリザルト

土屋ホームスキー部オフィシャルWEBサイトへ

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。