スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2014年04月16日 (水) 12:41

Iwase Report 葛西監督3/22個人戦

岩瀬氏による3月22日プラニツァ個人戦レポートです。

kasai_top2014iwase.jpg

 

「6人抜きで連続のシングル順位」
 
 
どことなくチームキャビンは、静かだった。
今季のプラニツァ(スロベニア)は改修されたばかりの新設のラージヒル台。
 
葛西選手、前日20日の公式トレーニングは1本も飛ばなかった。
 
あえて、ジャンプを飛ぶ必要はなかった葛西紀明(土屋ホーム)。やはり、五輪明けのW杯終盤戦2月26日にファルン大会(スウェーデン)の着地で雪にひっかかり、インサイドに故障した右膝と、そして以前からの腰の痛みが気になっていた。
 
「痛み止めを飲んで何とかしていますから…」
ただ、そこに悲壮感はなかった。
クラニスカ・ゴラの街はずれ、すこぶる落ち着く定宿のペンションにて、あくまで日々の練習におけるルーティーンワークをこなしながら、じっくりと自分を見つめ直す。そしてチームの後輩たちを可愛がりつつ、メンタルを高め上げていた。
 
試合は、横サイドから強く吹きつけるいびつな風により、女子のトレーニングが2本目前半の途中でキャンセル。中断、その後を受けてのスタートとなった。
 
1本目は、風の影響もあってか128.5mの12位に沈む。
しかし、無欲でのぞんだ2本目。一躍135.5mのビッグジャンプを記録して、なんと6位にまで浮上した。いつものシングル順位だ。
「ちょっとくらい痛んでも、結果はジャンプアップのひとケタ、いいでしょ(笑)」
これぞ、レジェンドカサイ、真骨頂!
しかもテレマークを入れている。が、右膝に手を置きながらで、顔がゆがむ。
激痛が走る、右膝。
その姿は、フィニッシュエリアを駆けまわる熱心なテレビカメラによってヨーロッパ中に放映された。

 

674葛西プラニツァ2014iwase.jpg

 

689葛西プラニツァ2014iwase.jpg

 
できることなら、明日の団体戦をはさんで、ラストになる残り1試合、今季をまっとうしていきたい。そうなることがトップ選手の本望。
優勝は2本ともに137.5mを飛んだ、この終盤戦に絶好調のフロイント(ドイツ)だった。

 

 

801葛西プラニツァ2014iwase.jpg

 
W杯第28戦 プラニツァ大会(スロベニア)
1本目128.5m ウインド‐1.30 135.9(12)
2本目135.5m ウインド‐0.54 140.9(5)  Total 276.8 第6位
個人総合1017点 第4位

 

855葛西プラニツァ2014iwase.jpg

文・写真/岩瀬孝文
Photo & Text: Yoshifumi Iwase

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。