スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 
  • 一覧
  • 前へ

月別アーカイブ / 2015年02月

2015年02月28日 (土) 18:02

札幌スキー連盟会長杯ジャンプ大会 兼 第26回TVh杯ジャンプ大会

2月28日、札幌の大倉山ジャンプ競技場で開催された「札幌スキー連盟会長杯ジャンプ大会 兼 第26回TVh杯ジャンプ大会」に土屋ホームから吉岡・高橋・伊藤の3選手がエントリー。女子組では伊藤有希選手が2位表彰台、男子組では高橋選手が1本目13位から5位へのジャンプアップで見事入賞を果たした。

2015年02月28日 (土) 16:53

Iwase Report – ノルディックスキー世界選手権 男子ラージヒル

FALUN TT STORY2015
IWASEレポート その4 写真/文 岩瀬孝文
『それは痛恨の風なのか』

公式練習では130mを普通にマーク、本番1本目おおいに期待のラージヒル個人戦。
着地を決めて129.5mで第7位。表彰台は充分に射程の範囲だ。

2015年02月27日 (金) 08:52

ノルディックスキー世界選手権 – 男子ラージヒル=ファルン(スウェーデン)

2月26日のノルディックスキー世界選手権ジャンプ男子ラージヒルに出場した葛西監督は11位だった。1本目129.5mで7位につけ、逆転を狙って2本目に臨んだが、119.5mトータル227.3ポイントで4つ順位を落としてしまった。

2015年02月24日 (火) 23:26

ノルディックスキー世界選手権 – 混合団体=ファルン(スウェーデン)

2月22日、ファルン(スウェーデン)で開催中のノルディックスキー世界選手権では前回日本チームが優勝している「ジャンプ男女混合団体」が行われた。残念ながら金メダルは逃したものの、見事銅メダルを獲得。しかも強豪オーストリアに勝利できたことを心から讃えたい。

2015年02月24日 (火) 20:32

伊藤有希選手が帰国しました!

2月24日、伊藤有希選手が世界選手権が開催されているファルン(スウェーデン)から元気に帰国!
空港では、たくさんの報道陣とお客さまに出迎えられ、元気な笑顔を見せてくれました。

2015年02月24日 (火) 19:43

Iwase Report – ノルディックスキー世界選手権 ミックス団体

スキージャーナリストの岩瀬氏から世界選手権の現地レポート3です。

FALUN TT STORY2015
IWASEレポート その3 写真/文 岩瀬孝文
『ここで銅メダルの持つ意味とは』

昨日もそうだった。
ノーマルヒルの上の風は、あの青い防風ネットを激しく揺らし、中断だとおもいきや、下3本の吹き流しは凪(なぎ)!
「あんまり好きなジャンプ台では、ないんですねここ」

2015年02月23日 (月) 00:11

第70回2015ぐんま冬国体スキー競技会 – コンバインド

2月22日、群馬県片品シャンツェでは昨日のジャンプに続いて「第70回2015ぐんま冬国体スキー競技会 – コンバインド」が開催された。土屋ホームからエントリーした高橋選手(秋田県)は前半のジャンプで76.0mを飛び2位につけた。トップの選手も同じく76.0mだったが、飛型点で1ポイント及ばず、後半のコンバインドは4秒遅れでスタートすることに。

2015年02月22日 (日) 21:27

Iwase Report – ノルディックスキー世界選手権 男子ノーマルヒル・女子メダルセレモニー

スキージャーナリストの岩瀬氏から世界選手権の現地レポート2です。

IWASEレポート その2 写真/文 岩瀬孝文
『風、吹かず、憤慨もせず』
コーチボックスのフラッグがゆっくりと振りおろされた。
ああ、やはり。
風が逆風であるとき、不利なときに“けれども頑張って飛んでくれ”というコーチの合図がそれだった。
撮影位置からも、横川コーチがゆっくりと、それでいて手首に力の入った旗の軌道が、その緩やかな振りおろしが見て取れた。

2015年02月22日 (日) 15:58

ノルディックスキー世界選手権 – 男子ノーマルヒル=ファルン(スウェーデン)

2月21日、世界選手権男子ノーマルヒルに出場した葛西監督。メダル目指して臨んだ1本目がまさかの失敗ジャンプ。86.5m100.9ポイントで35位だった。好調で2本目に進めないことがしばらくなかった葛西監督。FISの記録を見ると、なんと2年前の世界選手権バルディフィエメ大会ノーマルヒルでも35位だった。

2015年02月21日 (土) 19:27

Iwase Report – ノルディックスキー世界選手権 ジャンプ – 女子

前日の公式トレーニングから伊藤有希は、落ち着いた眼差しで空中に飛び出ていた。これは葛西監督からの絶妙なアドバイスによって、これまでの緊張が解きほぐされ、リラックスしたサッツが生み出されていたからだ。そしてテレマークもしっかりと決めた。

2015年02月21日 (土) 17:37

第70回2015ぐんま冬国体スキー競技会 – スペシャルジャンプ

2月21日、群馬県片品シャンツェで行われた「第70回2015ぐんま冬国体スキー競技会 – スペシャルジャンプ」に土屋ホームから吉岡選手(北海道)と高橋選手(秋田県)がエントリー。年齢別に「少年」「成年A」「成年B」に分かれて行われる本大会、二人は「成年B」のカテゴリーでの出場となった。 当初9時の予定だった競技開始。事前に8時からと変更になっていたが、さらに当日、試技をキャンセルして8時から1本目スタートとなった。

2015年02月21日 (土) 13:27

ノルディックスキー世界選手権 – 女子ノーマルヒル=ファルン(スウェーデン)

スウェーデンのファルンで開催されている「FISノルディックスキー世界選手権」伊藤有希選手が銀メダル獲得! 1本目89.0mの飛距離ながら飛型点でカバーし、4位で折り返し。2本目は最長不倒の93.0mを飛びトータル235.1ポイントで2位表彰台!!トップとの差が僅か1.8ポイントの堂々たる銀メダル獲得だった。

2015年02月16日 (月) 10:29

ワールドカップ「ヴィケルスン(ノルウェー)大会=個人第25戦」

ワールドカップ「ヴィケルスン(ノルウェー)大会=個人第25戦」で葛西監督は表彰台を逃したものの2本目に240.5mを飛んで5位に入った。
前日表彰台に上がった葛西監督、優勝目指して臨んだヴィケルスン2戦目の1本目はまさかの184.0mで13位。普通ならここで諦めてしまうところだが、今の葛西監督にそんな常識は当てはまらない。

2015年02月16日 (月) 09:52

ワールドカップ-女子「リュブノ(スロベニア)大会=個人第13戦」

2月15日、スキージャンプワールドカップ女子リュブノ大会(スロベニア)第2戦が行われ、伊藤有希選手は第1戦から二つ順位を上げて6位に入った。
1本目86.5m118.4ポイントで4位につけた伊藤選手、表彰台目指した2本目は

2015年02月15日 (日) 10:57

ワールドカップ-女子「リュブノ(スロベニア)大会=個人第12戦」

2月14日、スキージャンプワールドカップ女子第12戦がリュブノ(スロベニア)で行われ伊藤有希選手は8位に入った。
1本目83.5m108.9ポイント13位で折り返した伊藤選手、2本目はK点(85m)越えの87.5mを飛びトータル226.8ポイント、順位を5つ上げた。

2015年02月15日 (日) 10:04

ワールドカップ「ヴィケルスン(ノルウェー)大会=個人第24戦」

ワールドカップ「ヴィケルスン(ノルウェー)大会=個人第24戦」で葛西監督が3位表彰台!!1本目218.5mを飛んで3位につけると2本目225.0mのヒルサイズジャンプでトータル395.5ポイント、3位表彰台を獲得し最年長表彰台記録をまた更新した。

2015年02月12日 (木) 15:33

第93回全日本スキー選手権大会(ラージヒル)

2月12日、長野県白馬村では「第93回全日本スキー選手権大会(ラージヒル)」が開催され、前日のノーマルヒルに続き吉岡選手と高橋選手がエントリー。11日の予選は2名とも無事通過し、大会は予定通り8時半のトライアルラウンドからスタート。

2015年02月11日 (水) 18:11

第93回全日本スキー選手権大会(ノーマルヒル)

2月11日、長野県白馬村で行われた「第93回全日本スキー選手権大会」に土屋ホームから吉岡選手と高橋選手がエントリーした。 午前8:30から予選が行われ出場選手が50人に絞られる今大会、吉岡選手は24位で予選を通過し本戦へ進出を決めたが

2015年02月09日 (月) 09:40

ワールドカップ「ティティゼー=ノイシュタット(ドイツ)大会=個人第23戦」

2月8日開催のワールドカップ「ティティゼー=ノイシュタット(ドイツ)大会=個人第23戦」で葛西監督は1本目131.5m2本目127.5mトータル262.1ポイントで11位だった。

2015年02月09日 (月) 09:18

ワールドカップ-女子「ルシュノフ(ルーマニア)大会=個人第11戦」

2月8日、前日に続いてスキージャンプワールドカップ女子第11戦がルシュノフ(ルーマニア)で行われた。
伊藤有希選手は1本目93.0m111.8ポイントで7位。奇しくも昨日の1本目と同じ順位で、上位進出目指して臨んだ2本目は残念ながら強風のためキャンセルとなり、1本目の順位がそのまま成績となった。

もっとみる

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル5F
土屋ホームスキー部事務局 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。