スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2012年01月15日 (日) 15:29

1/15 札幌スキー連盟会長杯兼第23回TVh杯ジャンプ大会

「札幌スキー連盟会長杯兼第23回TVh杯ジャンプ大会」で葛西監督が逆転優勝!!

逆転優勝を遂げた葛西監督
表彰台の中央で高々と優勝カップを揚げる葛西監督

 

日はとっても嬉しいので、結果から書いてしまいます!

やってくれました、1本目6位からの逆転優勝です!

帰国後、3位・2位と来ていたので、今日は「優勝ですね」と、応援に来ていた方々と話していたのですが、ちゃんと期待に応えてくれるところがすごい!

 

1本目へ向かう和也に声をかけた
1本目へ向かう吉岡選手

 

頑張りますと意気込みを見せてくれた葛西
「頑張ります!」と笑顔で意気込みを見せてくれた

 

 

和也の1本目
1本目の吉岡選手

 

 

1本目の葛西
1本目の葛西監督

 

日に引き続き、気温の低い札幌。雪こそ降らないものの「大倉山名物」の気まぐれな風が選手たちを悩ませる中、葛西監督も1本目はK点をかろうじて越えての6位、吉岡選手は11位で折り返すことに。

 いくら葛西監督とはいえ、表彰台ゲットはあっても優勝は難しいかと思えた。しかし、過去に大逆転を何度もやってきているベテランだけに、ついつい期待してしまう。だけど、シーズン初めに故障しているので無理もして欲しくないという、ある種複雑な心境に。もちろん、吉岡選手だって同じこと、十分入賞を狙えるポジションだ。

2本目が始まった。まずは吉岡選手がランクアップを狙うが、風に恵まれなかったか?距離が伸びず13位に順位を落としてしまった。次がある、頑張ろう和也。チーム土屋としては葛西監督の表彰台ゲットに期待しながら順番を待つ。

して、やってくれました!143.5mの大ジャンプ。この時点で、当然1位。残り5人の結果を待つことに。

 

圧巻の143.5mで2本目を終えた葛西監督
圧巻の143.5mで2本目を終えた葛西監督

得の表情で戻ってきた葛西監督。スキー部長である川本副会長の「腰は大丈夫か?」という心配の声にも「大丈夫です!」と即答。ホント安心しました。
ドキドキしながら2本目が終わるのを待つ。最後の一人が着地した瞬間、視線は電光掲示板へ。思わず息をのむ。そして電光掲示板の表示が更新される。どうだ・・・!? ビブナンバー62はトップから動かず!!!

「逆転優勝だ!」場内に歓声と拍手が響いた。

 

ご声援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

コメント一覧

まだコメントがありません

  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。