スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2013年12月14日 (土) 16:34

第44回名寄ピヤシリジャンプ大会

名寄市で開催された「第44回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第51回北海道新聞社杯ジャンプ大会」に吉岡選手と高橋選手が出場。国内ウィンターシーズン、いよいよ開幕です!

20131214_0282.jpg
国内開幕戦の地「名寄ピヤシリシャンツェ」

前日から天候が不安定な北海道。名寄も例外ではなく、降雪はおさまったものの不安定な風が残り、競技進行を悩ませた。

9時半開始予定の試技は若干遅れたものの無事全員飛び終え、ファーストラウンド開始!

気まぐれな風がその向きと強さを気の向くままに変え、その度に競技は小休止を入れながらの進行となった。

20131214_0217_1.jpg
踏切り直後の選手を横風が待ち受ける場面も多かった…

 

ビブナンバー90番でスタートの吉岡選手も気まぐれな風に待たされた一人。スタートゲートから一度外れ、再度臨んでスタート。

 

20131214_0196.jpg

 

88.0mを飛んだ吉岡選手、着地でスキーが引っ掛かったか?若干姿勢を崩してしまい15位で折り返しとなった。

高橋選手も距離は88.0m。着地も決まり前半を11位で折り返した。

 

20131214_0246_1.jpg

 

不安定な風のせいか2本目の開催を危ぶむ声もちらほら聞こえたが無事開催。

二人とも昨年は開幕で好成績を出せず波に乗れなかった感があるだけに、後半戦でなんとか挽回してほしいところ…

 

ファイナルランドも吉岡選手から登場。
雪辱をかけた2本目は91.0mのグッドジャンプ!順位も12位に上げた。1本目の着地が悔やまれるところだが、試合後の彼はすでに明日を向いていた。

 

 

20131214_0303.jpg

 

 

今年スペシャルジャンプへ転向した高橋選手。今冬季に向けた準備をサマージャンプで積んできた。FISポイントも獲得し、スペシャルジャンプ選手としてのウィンターシーズンインとなる。複合時代もジャンプでリードするタイプだった彼だけに期待したい。

 

高橋選手の2本目は吉岡選手を上回る93.5mを飛び、なんと7位まで順位を上げ、見事入賞してみせた。

20131214_0336.jpg
高橋選手93.5mの着地

 

残念ながら表彰台とはいかなかったものの、好調ぶりを覗かせた高橋、吉岡両選手。これからの本格シーズンに期待したい。

 

20131214_0471.jpg
表彰式の高橋選手(右)

 

名寄地方スキー連盟「第44回名寄ピヤシリジャンプ大会」のリザルトはこちら -> 公式リザルトページへ(PDF) 

 

明日もここ名寄で「吉田杯ジャンプ大会」が開催されます。

みなさん、応援よろしくお願いします。

 

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。