スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2014年04月16日 (水) 11:57

Iwase Report 伊藤選手最終戦

岩瀬氏のレポート「伊藤選手ワールドカップ2013-14最終戦」を掲載します。

 

ito_2014iwase.jpg

3月22日W杯最終戦2位表彰台!
「次へつながる個人総合3位」
 
そろそろ優勝してご覧なさい。
スキー部の葛西紀明監督から、ラインでメッセージが入った。
「あ、頑張らないと…」
 
その日、早朝からものすごく集中していた伊藤有希だった。
女子の各チームが一緒に入るリフト横にある控所から、おもむろに飛び出し、あたりをランニングに出る。
そして、入念なアップに、3本の気迫のこもったシュミレーションジャンプ。
狙っていた、狙い始めていた表彰台中央!
 
079伊藤プラニツァ2014iwase.jpg

 

 

「食事もかかっていましたし(笑)」
というのも、葛西監督とは個人総合順位で一番でも上に行った方が、ご飯をご馳走するという約束ができていたからだ。
 
前日はイタリアの選手が転倒したために1本のみの公式トレーニングとなったが、少しも慌てず騒がずのスタンスで過ごした伊藤だ。
迎えた女子第19戦(今季最終戦)、晴天の1本目、トップ3に入るくらいのアプローチスピードでサッツを切り、128.5mの2位につける。エース高梨沙羅は135mで最長不倒を記録して首位だ。

416伊藤プラニツァ2014iwase.jpg

600伊藤プラニツァ2014iwase.jpg

 

「ベストのジャンプを見せたくて」
と願った2本目、ぐいぐい伸びて125mにまとめた。
地元の強豪マヤ・ヴィテッチ(スロベニア)や全米を制したジェシカ・ジェローム(アメリカ)の追い上げと、気になる存在のイリーナ・アバクモワ(ロシア)の姿あったが、そこは伊藤、安定したジャンプで魅せてくれた。
 
「昨日のトレーニングはやや失敗だったんです。今日は集中して納得できるジャンプができました」
静かながら少しだけ微笑みがのぞく。
 
「個人総合3位になれました。次への目標もわかっています」
優勝は132.5mと他を圧倒した高梨。有希は、惜しい第2位だった。
そして、さらなるターゲットをしっかりと見据えた。

713伊藤プラニツァ2014iwase.jpg

 
今季、有終の美となった表彰台。
次こそ次なれば、センターフィールドへ。試合後、彼女はすぐに、その意気込みにあふれていた。
 
 
伊藤有希(土屋ホーム) W杯第19戦プラニツァ大会(スロベニア)
1本目128.5m ウインド8.3  125.6(2)
2本目125.0m ウインド6.8  119.3(4)  Total 244.9  第2位
2013/2014W杯個人総合759点  第3位

 

147ヤンネ伊藤プラニツァ2014iwase.jpg

 

文・写真/岩瀬孝文
Photo & Text: Yoshifumi Iwase

 

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。