スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2013年03月03日 (日) 16:23

第84回宮様スキー大会「コンバインド競技」「ラージヒルジャンプ競技」

3月2日に開催された「第84回宮様スキー大会コンバインド競技」と翌3月3日開催の「同大会ラージヒルジャンプ競技」、両日とも北海道では記録的な悪天候となり、大会の進行も困難を極めた。

20130302_0874.jpg
風に見放されてしまった高橋選手のジャンプ(3月2日複合前半)

3月2日開催された複合競技では、前日のPCR(予備ジャンプ)とはかけ離れた結果となってしまった高橋選手の前半ジャンプ競技。それまで吹いていた絶好の風が強くなりすぎたのか、スタートで待たされてしまった高橋選手。スタートOKのブルーシグナルが点灯した時には追い風に変わってしまっていた。結果83メートルで11位(成年)。後半の距離でどこまで挽回できるか…

場所を白旗山に移してのクロスカントリー。会場は猛吹雪で「本当にやるのか?」といった状況。しかし、ジャンプと違って危険性はないので当然実行。前半の順位が全体では17位のため、ビブナンバーも17。吹雪のなか高橋選手はゴーグル着用でスタート。懸命に順位を上げようと奮闘したが、10位(成年)でのゴール。全く予想していなかった結果にチーム土屋としてもショックではあったが、ケガやジャンプ用スキーの変更などを乗り越え少しづつ復調している高橋選手の地道な努力に、エールを送り続けたい。

20130302_1096.jpg
凍てつく風雪の中でのクロカン

20130302_1190.jpg
10位(成年)でのゴール

 

翌3月3日、大倉山で開催された「ラージヒルジャンプ競技」には、吉岡選手、高橋選手に加えて来月からチーム土屋に仲間入りする伊藤有希選手が出場。

この日も悪天候が続き、9時開始予定の試技が15分遅れとなり、その後も度々のアプローチ整備などで長時間に及ぶ試合となった。結果は伊藤有希選手が女子組で2位!吉岡選手6位、高橋選手7位(いずれも男子組成年)だった。吉岡選手はこの悪天候の中、2本目126.5mを飛び、良い感触を掴んだ様子。次の白馬では雪辱を晴らしてもらいたいところ。また、高橋選手も2本目119.5mを飛び、純ジャンプでの7位は自信に繋がったはず。今季複合の試合は終えてしまったが、残るジャンプの大会での活躍を期待したい。

20130303_0055.jpg
ファーストラウンドの伊藤選手

20130303_0059.jpg
同上

20130303_0255.jpg
ファーストラウンドの高橋選手

20130303_0259.jpg
同上

20130303_0369.jpg
ファーストラウンドの吉岡選手

20130303_0376.jpg
同上

20130303_0480.jpg
ファイナルラウンド観客の声援に応える伊藤選手

長時間、悪天候のなか応援されたみなさん、大会関係者のみなさんお疲れ様でした。

これからもチーム土屋をよろしくお願いします。

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。