スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2010年01月10日 (日) 21:46

葛西貫禄の優勝

1月9日HTBカップ。前日に帰国した、ワールドカップメンバーが国内大会初出場のこの大会。バンクーバー五輪代表を決める大切な試合となりました。

この大会も前日同様、コンチネンタルカップを兼ねた試合。50名の海外選手と約30名の日本人選手の戦いとなります。

1stラウンド、中盤で登場した和也。

0105.jpg
横風にあおられながら、112mをマーク。1stラウンド32位でファイナルへ。

コンチネンタルカップの外国勢が上位を独占する中、後半に入りW杯メンバーの登場。
湯本、岡部、竹内、栃本、伊東各選手が実力を発揮し試合は、130mオーバーの争いに。
圧巻だったのが、最後に登場した葛西紀明。

0115.jpg
139.5mのビックジャンプ。伊東大貴選手(雪印)とともに、ひとつ次元の違う戦いを見せます。葛西監督は、トップでファイナルへ。

ファイナルラウンド。和也の2本目。

 

 

0011.jpg

117mの25位で試合を終える。

 

優勝争いは、ワールドカップ組の争い。竹内拓選手(北野建設)が107mで脱落。岡部選手(雪印)もわずかにK点に届かず。湯本選手(東京美装)と栃本選手(雪印)が飛距離を伸ばし優勝争いに残るも、続く伊東選手が128mのビックジャンプを披露。さすがにW杯メンバーは力があります。

 

最後に登場の葛西監督。2本目も130mオーバーで、貫禄の優勝!

0056.jpg
やはり、主役は葛西!完全勝利!

0068.jpg
観客と喜びを分かち合う、葛西監督。

0087.jpg
そのままずーっと。サービス満点の葛西監督。

0156.jpg
時差ぼけのなんのその、さすがは葛西!

top_image_up_.jpg
1位葛西、2位伊東選手、3位に栃本選手をワールドカップメンバーが独占。海外で戦い続けた力の差を見せつけてくれました。

HTBカップリザルト

土屋ホームスキー部オフィシャルWEBサイトへ 

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。