スマートフォンサイトはこちら
メニュー

土屋ホームスキー部【TEAM TSUCHIYA】

チーム土屋からのお知らせ

チーム土屋からのお知らせ 

2010年01月09日 (土) 17:26

和也コンチ初戦13位(札幌オリンピック記念)

1月8日札幌宮の森ジャンプ競技場で開催の札幌オリンピック記念国際ジャンプ大会。ワールドカップのひとつ格下の国際大会でもある、コンチネンタルカップを兼ねての大会。和也は、日本代表として出場しました。

外国勢が約50名。次のワールドカップを狙う海外の強豪が集まっただけに、ハイレベルな争いとなりました。前半は、日本人選手が続き序盤からK点オーバーを連発。ゼッケン28番よりコンチネンタルカップのスタートです。ここまでのトップは、94.5mをマークした坂野幸夫選手(雪印)。

ゼッケン52番吉岡和也の登場。

 

105.jpg
風に恵まれなかったか、89.5m。

続く海外勢が、90mオーバーを連発。トップは、ポーランドのコト・マシジュ選手。最後に登場した、岡部孝信選手(雪印)が93mで3位につける。1stラウンドを終え、和也は27位。

ファイナルラウンド。和也は、うまくジャンプをまとめて91.5m、大きく順位を上げます。

top_image_up_.jpg
ファイナルラウンドでは7番目の飛距離をマーク。

164.jpg
「1本目のジャンプが悔しい」とブレーキングトラックを後にする和也。

トップ争いは、バーダル・アンダース選手(NOR)が、94mで逆転の優勝。2位には、1本目トップのマシジュ選手(POL)3位に岡部選手でした。和也は、16位まで順位を上げています(札幌オリンピック記念のリザルト)。

コンチネンタルカップは、海外勢と日本代表の4名でのリザルトのため、和也は13位(日本人トップ)となります。

札幌オリンピック記念リザルト

2010/01/08 コンチネンタルカップリザルト

土屋ホームスキー部オフィシャルWEBサイトへ 

コメント一覧

まだコメントがありません

コメントを残す




  • 一覧

ファンレターの宛先はこちら

〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目7番地 土屋ホーム札幌北9条ビル
土屋ホームスキー部 宛て
宛名は、選手名でお願いいたします。